奨学金とは違う教育ローンの特徴とおすすめポイント


奨学金とは違う教育ローンの特徴とおすすめポイント_アイキャッチ

長引く景気低迷や日本社会の硬直化により問題となっているのが、学生向けに設定されている奨学金の返済トラブルです。かつてのように安定した職に就きにくくなっている昨今、奨学金の返済トラブルは大きな社会問題となりつつあります。そこで検討したいのが、奨学金と同様の性質を持つ教育ローンです。今回は奨学金と教育ローンの概要と違い、そのメリットとデメリットについて見てみましょう。

「教育ローン」と「奨学金」の概要

そもそも教育ローンと奨学金は、どのような点が異なるのでしょうか。最初にこの2つの特徴について大まかに見てみましょう。
奨学金とは、能力のある学生に対して金銭の給付や貸与をおこなう制度であり、その名前から金銭的・経済的理由で修学困難とされる学生に修学をうながすと誤解されがちですが、学生の能力に対して給付される金銭です。
国が設置した機関である日本学生支援機構の奨学金貸与事業では、教育の機会均等の理念に基づいて、意欲と能力のある学生が自らの意志と責任において高等教育機関で学ぶことができるよう、国の重要な教育事業として実施されています。日本学生支援機構の奨学金の給付対象となるのは大学院・大学(学部)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)のいずれかで学ぶ学生であり、奨学金として無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金が設定されています。

このように国による直接の学生支援策である奨学金に対して、教育ローンは金融機関が設定する使途限定ローンであり、融資対象が学生の保護者(扶養者)なのが特徴です。基本的に証書貸付となる教育ローンでは、借り手の普通預金口座に入金されるかたちをとりますが、ほとんどの場合そのまま学校や大家などの相手先の銀行口座へ直接振り込まれます。教育ローンの特徴として、一般的な目的別ローンやフリーローン、カードローンと比べて、利率が低く設定されているという点があげられます。

奨学金と教育ローンはどのような点が異なるのか

ここで奨学金としてもっとも一般的な日本学生支援機構の「第二種奨学金」と日本政策金融公庫の教育ローンの条件を参考にして、奨学金と教育ローンの違いについて見てみましょう。

利用者と返済義務

第一種・第二種を問わず奨学金の融資対象となるのは学生であり、返済義務は学生本人に発生しますが、教育ローンは学生の保護者(扶養者)を対象とした目的別ローンであり、返済義務は扶養者に発生します。

借入額

4年間を通した借入限度額で比較してみましょう。
毎月給付される奨学金では、種類によって金額が異なるものの、おおむね300万円から600万円程度が借入限度額となり、在学中には利息が発生せず、比較的借り入れ条件がゆるいと言えます。
これに対して教育ローンは限度額が350万円と比較的低く、在学中からも返済利息が発生するなど、比較的条件の厳しいローンと言えます。

利用条件

学生に対して融資する奨学金では、融資に際して成績に関する条件が設定されていますが、扶養者に対して融資する教育ローンでは成績などの付帯条件は設定されていません。
ただし、奨学金と教育ローンのどちらにも、収入に関する基準は設けられています。

申込時期・貸与開始時期(融資時期)

教育ローンは1年を通して申し込み可能であり、申し込みから最短2週間で融資にまでこぎつけられますが、奨学金の給付を受けるためには春先に申し込む必要があり、振り込まれるのは7月以降になることが一般的です。

返済開始時期

目的別ローンの一種である教育ローンの場合、返済開始時期は借入日の翌月か翌々月の設定日からですが、奨学金の返済開始時期は学生が卒業してからになります。

計画的な利用が欠かせない教育資金の借り入れ

冒頭でも触れたように、長引く景気低迷と就職難で安易に借り入れた奨学金の返済が滞り、社会問題化しつつある昨今、学生本人ではなく扶養者が借りて返済義務を負う教育ローンは、有効な解決策の1つと言えます。

もちろん、奨学金にしても教育ローンにして計画的な借り入れと返済が欠かせませんが、かつてのように卒業後直ぐ安定した職に就けるとは限らない現在、既に定職に就いていて一定の金融資産を持っていることを期待できる扶養者が借り手である教育ローンなら、奨学金とくらべて返済トラブルが少なくなることが期待できます。

おわりに

学生に対して給付される奨学金に対して、扶養者が申し込み・借り入れをする教育ローンは比較的返済トラブルを少なくできる教育資金の調達方法と言えます。
条件を満たしているのであれば、奨学金よりも先に教育ローンの申し込みを検討してみるのも手段と言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ローン辞典運営事務局

ローン辞典運営事務局

お金に関する知識は、自身の人生設計を立てるうえでも非常に大切。こちらで理解を深めていきましょう。