困ったときのためのフリーローン


困ったときのためのフリーローン_アイキャッチ

目的を問わず借り入れができる個人向け融資商品としてはカードローンがもっとも一般的ですが、カードローンと同様の性質を持つ個人向け融資商品として、「フリーローン」があります。カードローンとフリーローンはどのような共通点があり、どのような点が異なるのでしょうか。今回は、フリーローンの概要と特徴、フリーローンとカードローンの違いについて見てみましょう。

フリーローンとはなにか

フリーローンとは、主に銀行が提供する借り入れたお金の利用目的を問わない個人向け融資商品(ローン)のことを言います。
利用目的が限定されないことから、同様の特徴を持つ個人向け融資であるキャッシングやカードローンと混同されがちなフリーローンですが、これらの個人向け融資とフリーローンでは金利や借入回数、使用目的などが異なり、性格の異なる融資商品と言えます。

フリーローンの特徴とは

フリーローンの規約をつぶさに読んでみると、利用目的として事業性資金や投機性資金以外であれば目的は問わない、とされている場合がほとんどです。
また、融資を受けるに当たっては基本的に担保不要で申し込み・借り入れできますが、担保を設定するとより大きな金額をより低利率で借り入れできるなど、担保ありのほうがより有利な条件で申し込み・借り入れが可能です。
フリーローンの最大のメリットは金利の低さです。無担保で申し込み・借り入れできるフリーローンでも、カードローンやキャッシングと比べると実質年率は比較的低利率に設定されていて、2%から10%前半というところがほとんどであり、担保を設定できれば更に低利率を期待できるため、カードローンやキャッシングと比べて有利と言えるでしょう。
また、フリーローンは一度借りたら追加借り入れできないのもメリットの1つと言えます。付与された融資枠内であれば何度でも借り入れ・返済できるカードローンに比べると利便性では劣りますが、追加借り入れできないことにより一度借り入れをすればあとは返済するだけであり、返済がとどこおりさえしなければ借入残高が確実に減るのはメリットと言えます。

厳密には異なる商品であるカードローンとフリーローン

ここまで見てきたようにフリーローンとカードローンは極めて似た性格を持つ個人向け融資商品であり、よく混同されていますが、厳密には別の融資商品となります。カードローンとフリーローンの決定的な違いとして、先にも触れたようにカードローンは付与された融資枠内であれば何度でも借り入れ・返済できるのに対して、フリーローンは返済によって融資枠に余裕が生じても、借り入れの返済が完了するまではその融資枠を利用できない点があげられます。
もう少し具体的な例として、カードローンとフリーローンでそれぞれ50万円の融資枠を設定された場合を見てみましょう。フリーローンであれば一括で50万円を受け取り、借り入れたお金を毎月返済していくことになります。
返済が進んで借入残高が30万円になり、20万円の余裕が生じたとしても、フリーローンは再度申し込み・審査を受けて契約を結びなおす必要が生じます。これに対してカードローンであれば、融資枠として設定された50万円に収まれば、自由に借り入れ・返済できる点が異なります。
このようにフリーローンとカードローンは極めてよく似た性格を持つ個人向け融資商品ですが、借り入れ・返済の自由度の点で大きく異なるのが特徴といえます。

おわりに

極めてよく似た性格を持つ個人向け融資商品であるフリーローンとカードローンですが、詳しく見てみると主に使い勝手の面でハッキリと異なる商品です。しかしその自由度の違いが利率に反映されているため、使い勝手を考慮しないのであればフリーローンは有力な検討対象と言えそうです。

The following two tabs change content below.
ローン辞典運営事務局

ローン辞典運営事務局

お金に関する知識は、自身の人生設計を立てるうえでも非常に大切。こちらで理解を深めていきましょう。