カードローンを選ぶ時に考えたいポイント


カードローンを選ぶ時に考えたいポイント_アイキャッチ

様々な問題を指摘されながら、個人向け融資としてもっとも身近なのがカードローンです。即日審査・即日融資に対応しているカードローンはその手軽さがもっとも大きな魅力ですが、借りるときにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか。今回はカードローンの申し込み・借り入れを考えるときに重視したいポイントについて見てみましょう。

カードローンとはなにか

カードローンとは、消費者金融や銀行などの民間金融機関が発行するカードを利用して借り入れ・返済をおこなうローンサービスです。申し込み・審査によって付与される貸出枠(融資枠)の範囲内で、キャッシュディスペンサー(CD)や現金自動預払機(ATM)を通じて好きなタイミングで借り入れ・返済できて、融資枠の範囲内であればほぼ用途に制限がないのが特徴です。
目的別ローンと異なり、カードローンでは金融機関が指定する者(以下「保証会社」)が保証(機関保証)を担当するので保証人や担保は不要ですが、審査結果によって保証会社の保証が受けられなければ借り入れ自体ができません。万が一、延滞や貸し倒れが発生すると保証会社が金融機関へ代位弁済をおこない、保証会社が債務者から債権回収をおこないます。

従来の目的別ローンでは、フリーターや学生、専業主婦など定職に就いていない人は借り入れそのものが事実上不可能でしたが、カードローンではこれらの安定収入がない人でも申し込み・借り入れできるように融資条件が比較的緩めに設定されていると言われています。

カードローンの返済方法はリボルビング払いを基本として、元利定額や元金定額など様々な条件を組みあわせて、口座引き落としやATMやネットバンキングなどを経由した直接入金があります。

カードローンを選ぶときに考えたいポイントとは

このようにこれまでの目的別ローンとくらべて使い勝手や借り入れ・返済の面ではるかに利便性が向上しているのがカードローンであり、気軽に借り入れ・返済できるのが特徴です。しかし気軽に借り入れ・返済できるからこそカードローンを借りるときには十分に比較・検討してから借り入れをしないと、返済のときに大きな苦労を背負うことにもなりかねません。カードローンを選ぶときに注意したいポイントについて、主なものを見てみましょう。

消費者金融系か銀行系か

最近では一概に言えなくなりつつありますが、基本的にカードローンでは、消費者金融系カードローンは審査こそ早いものの借入限度額が低めで利率が高く、銀行系カードローンは審査に時間がかかるものの借入限度額が高く利率が低い傾向があります。

借入限度額

一般に消費者金融系カードローンは借入限度額が500万円程度であるのに対して、銀行系カードローンは800万円から1,000万円程度と消費者金融系カードローンと比べると一回り大きな借入限度額が設定されています。
実際に借り入れできる金額は、申し込み・審査によって付与される融資枠に左右されますが、大きな金額の借り入れが必要ならば借入限度額の大きいカードローンに申しこむことが欠かせません。

利率

かつてグレーゾーン金利でも問題になったように、消費者金融系カードローンの利率は限度額一杯の借り入れでは年数%と比較的低利率であるものの、少額の借り入れでは最大18%と個人向け融資商品としては比較的高いのが特徴です。
これに対して銀行系カードローンは少額の借り入れでも年10%前半の利率で提供しているカードローンがほとんどであり、消費者金融系カードローンとくらべて返済の負担が小さいというメリットがあります。

返済条件と返済方法

カードローンの返済方法はほぼリボルビング払いに限られますが、その返済条件は元金と利息を合わせた返済額が毎月一定である、「元利均等」と元金の返済額が一定で利息を上乗せして返済する「元金均等」に分けられ、更に借入残高に応じて返済額が変動する「残高スライド」と組み合わせる場合があるなど、返済条件が大きく異なります。
また、定例の引き落としの他にもATMやネットバンキングを使った繰り上げ返済や一括返済など、返済を効率的にすすめるための手段も用意されています。

おわりに

一口にカードローンと言っても、その内容は実に様々であり、目的に応じてもっとも適切なカードローンは異なります。
ここで見たような条件を踏まえて、最適なカードローンに申し込めるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ローン辞典運営事務局

ローン辞典運営事務局

お金に関する知識は、自身の人生設計を立てるうえでも非常に大切。こちらで理解を深めていきましょう。