起業する前に知っておきたい開業資金のためのローン


起業する前に知っておきたい開業資金のためのローン_アイキャッチ

開業資金として必要となる金額は、開業する業種によって異なりますが、一般に数百万円から数千万円の費用が必要とされています。この全額を自己資金でまかなうのは難しく、開業を考えるときには融資を受けるのが一般的です。今回は、店舗運営に必要となる主な出費と、開業資金の融資を申し込む金融機関の内情について見てみましょう。

テナントの保証・内装

店舗系のサービスであれば、店舗面積に比例して保証金や内装費がかかるのが一般的です。そのため開業資金の負担を低くするのであれば、できるだけ面積の狭い店舗や、自宅の空き空間を利用してサービス提供をすることが有効な対策と言えます。都市部では店舗の出店・廃業の入れ替わりが激しいため、場所によっては前の店舗利用者が使っていた内装のまま手を入れずに使う「居抜き物件」と呼ばれるケースでの出店も増えていて、この場合も開業資金の負担を低くすることができます。

設備費用・備品

店舗として運営するためには、テナントの保証・内装費用とは別に、店舗として運営するために必要となるテナント内に設置する各種の什器の費用が必要になります。飲食店のなら業務用冷蔵庫やコンロ、調理台、小売店であれば什器やレジスター、作荷(サッカ)台の準備が必要となります。このような大型什器だけではなく、店舗としての形を整えるためには、もう少し小型の各種備品も必要です。
パソコンや電話、それぞれの接続回線をはじめ、開店を知らせるチラシや販促物など、さまざまな備品を揃える費用は欠かせません。

商品の仕入れ代金

こうして店舗としての体裁が整えば、開店に向けて商品の仕入れが必要になります。小売店であれば販売する商品の仕入れ、医院やクリニックであれば調剤に必要となる薬剤の用意が欠かせません。
また、起業するときにもっとも一般的なフランチャイズであれば、フランチャイズ本部から指定した商品の仕入れを求められることもあります。

開業資金の融資申し込み先

開業に必要となる資金使途としては先に上げたようなものがありますが、これらの資金の他にも安定したキャッシュフローが生じるまでに必要となる運転資金など、開業に必要となる資金は少なく見積もっても1千万円を下回ることはありません。
これだけの資金を全額自己資金で捻出するのは簡単なことではなく、開業を考えるときには基本的に開業資金の融資を受けることが一般的です。開業資金の融資を申し込む先について見てみましょう。

日本政策金融公庫

開業資金の融資申し込み先としてもっとも一般的なのが、国の設立した金融機関(公的金融機関)である「日本政策金融公庫」です。
中小企業の起業と振興を目的として設置された日本政策金融公庫では、中小企業向けの融資資金が豊富に設定されていて、融資審査の条件も民間金融機関と比べると緩いのが特徴です。

ビジネスローンなどの目的別ローン

開業を考えるときにもっとも一般的な融資の申し込み先は日本政策金融公庫ですが、これに次いで有力な融資申し込み先と言えるのがビジネスローンなどの目的別ローンです。
主に運転資金としての用途が想定されているため、限度額・利率ともに開業資金として利用するのは厳しいものがありますが、一定条件を満たすことで無担保でも申し込み・借り入れできるため、確実に資金を確保するためにはもっとも有用な融資の申し込み先と言えます。

銀行や地方銀行、信用金庫などの民間金融機関

民間金融機関も開業資金を目的とした資金融資を設定していますが、特にメガバンクの設定する資金融資は審査条件が極めて厳格であり、実際に融資にこぎつけるのは極めて難しいと言えます。
逆に地域経済に密着している地方銀行や信用金庫のほうが開業支援に積極的であり、民間金融機関に開業資金の融資を申し込むときには、地方銀行や信用金庫に申し込むのが賢明と言えるでしょう。

おわりに

開業にあたっては少なくない資金が必要とされ、金融機関から融資を受ける必要がありますが、金融機関によって開業融資への熱意は濃淡様々にあります。開業資金の融資を申し込むときには、申し込む金融機関をよく検討してから申し込むようにしましょう。

The following two tabs change content below.
ローン辞典運営事務局

ローン辞典運営事務局

お金に関する知識は、自身の人生設計を立てるうえでも非常に大切。こちらで理解を深めていきましょう。